コンテンツへスキップ

感覚統合プログラム

『感覚の統合』とは、五感からの刺激(情報)を脳が正しく判断し行動することです。
これは赤ちゃんが成長するにしたがって自然と身につけていくものですが、脳に障がいのある子ども達は、この感覚の統合がうまく出来ないことがあります。
感覚の統合を行い、コミュニケーション能力を身につけることは、子ども達の将来の生活の質を大きく左右します。

パンジーハウスでは、ハウス内にあるトランポリン等の感覚統合遊具を使用して、『感覚の統合』をお手伝いをしています。